スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 博物館のプチ展示会 | main | 西都原考古博物館展示・終了しました >>
困ったときの川口おじ
予定では、、、
昨日、還元の本焼きがあがって、今日は上絵付けを焼く、つもりだったのですが。
1180℃以上温度が上がったとこで、電熱線が切れてしまいました。

またかぁ…修理しないと。
昨日はまだ窯が熱いから何もできず、なにげに久しぶりに川口おじをたずねる事に。

みう太郎も久しぶり〜

目付きがおじちゃんに似てきたんじゃない!?


おじちゃんの最近の事といえば
近所の奥様から「指輪が抜けなくなった」と呼ばれて、指輪を切断する工具を作って救出したり。
「うなぎを取るための道具は無いか?」とか「椎茸ない?」とか訪ねてくるおじちゃんが来たり。
「庭の木を全部切ってほしい」と頼まれて切りに行ったり。

何屋さんと思われているのか…このあたりの人は困ったら「川口さんとこ行けば何とかなる」と思っているところがある。かくいう私も全く同感なのですが。


そんな話を聞きながら、おじちゃんお得意の「オリジナル品」が目につきました。

炭火コンロ兼・薪ストーブ(?)

これでご飯も炊くし、お茶も沸かす。
煙は胴体(多分、業務用の鍋)の横に取り付けた煙突(多分、ボイラー用)から抜けるので部屋の中は煙たくなりません。

私は「便利やね〜」といいながら。
この要領で、何か断熱材で分厚くしたら、、
還元焼きの窯って出来るんじゃないかな!?
と考えはじめました。


青白磁にはまっていて、還元で焼く事が多くなっている今日この頃。
無理やり電気窯を改良してバーナーを入れて還元焼きをやっている事で、電熱線に負担がかかり修理をする周期が早くなっているのです。
それなら還元焼き用に電気以外の窯を作ってみるのもいいかも??
もちろん、川口おじのお力添えをいただかなくてはどうにもならないのですが。

おじちゃんが言うには、素焼きまでの窯ならともかく、、簡単ではないぞ。
との事ですが。
今月のencreのファッションショーが終わったら窯作りを模索してみようかと思いました。





スポンサーサイト

太郎にゃん、なんともいえない表情してるねぇ

なんかおじさんの顔想像しちゃった(笑)

千代さんの素敵な作品って道具やおじさんなくして出来上がらないんだねっ

いいおじさん持ってるね千代さんは!

ところで、西都原博物館の展示会は大盛況でしょうか?

週末は千代さんも来場されてるとのこと

私も行きたいけど、明日は都農尾鈴マラソンに出る為、いけそそうにもありません。

千代さんのお顔は綯花のホームページで拝見して、綺麗なお姉さんって感じがしてます。

今回はお会いできなくても、いつかは拝見する機会はありますよね?

私は都農在住です。

萌え岳 | 2012/02/10 22:26
萌え岳 さま
都農町のすぐとなりの美々津の雑貨店にて展示会の予定があります。
またブログでもご紹介しますね。
千花 | 2012/02/13 10:01
COMMENT









Trackback URL
http://chika-acce.jugem.jp/trackback/162
TRACKBACK